一般社団法人 日本透析医学会 統計調査委員会

目  次

ご覧いただくためには、PDFファイルの閲覧用ソフトが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、左側のアイコンをクリックし、手順に従いダウンロードしてからご覧ください。
日本透析医学会統計調査委員会名簿………………………………………………………………… i
公刊にあたって………………………………………………………………………………………… ii
I.2007年末の慢性透析患者に関する基礎集計
1)わが国の慢性透析療法の要約
(1)わが国の慢性透析療法の要約(図表1)………………………………………………………… 2

2)患者数等
(1)慢性透析患者数の推移(図表2)………………………………………………………………… 3
(2)年別透析患者数、導入患者数、死亡患者数の推移(図表3)………………………………… 4
(3)年別人口100万対比の透析患者数の推移(図表4)………………………………………… 5
(4)人工腎臓台数の推移(図表5)…………………………………………………………………… 6
(5)慢性透析治療の形態(図表6)…………………………………………………………………… 7
(6)都道府県別慢性透析患者数(図表7)…………………………………………………………… 8
(7)透析期間別および性別による患者数(図表8)………………………………………………… 9

3)導入患者の現状
(1)導入患者の年齢と性別(図表9)…………………………………………………………………10
(2)導入患者の原疾患と平均年齢(図表10)…………………………………………………………11
(3)年別透析導入患者の主要原疾患の推移(図表11)………………………………………………12

4)年末患者の現状
(1)年末患者の年齢と性別(図表12)…………………………………………………………………13
(2)年末患者の原疾患と平均年齢(図表13)…………………………………………………………14
(3)年末患者の主要原疾患の割合推移(図表14)……………………………………………………15
(4)各年導入患者および各年末患者の平均年齢の推移(図表15)…………………………………16

5)死亡原因
(1)導入患者の死亡原因分類(図表16)………………………………………………………………17
(2)導入年死亡患者死亡原因の推移(図表17)………………………………………………………18
(3)2006年死亡患者の死亡原因分類(図表18)………………………………………………………19
(4)年別死亡原因の推移(図表19)……………………………………………………………………20

6)年間粗死亡率と生存率
(1)年別粗死亡率の推移(図表20)……………………………………………………………………21
(2)導入後1年・5年・10年・15・20年生存率の推移(図表21)…………………………………22

II.新規調査項目に関する集計

1 ) 透析液水質管理状況
(1)透析液エンドトキシン検査(図表22) ………………………………………………………24
(2)透析液細菌検査 1)(図表23)…………………………………………………………………25
(2)透析液細菌検査 2)(図表24)…………………………………………………………………26
(3)エンドトキシンカットフィルター(ETCF)装着状況(図表25) …………………………27

2 ) 肝炎ウイルス調査の結果

(1)HCV抗体陽性率の推移(図表26)………………………………………………………………28
(2)2007年末におけるHCV抗体陽性率と年齢の関係(図表27)…………………………………29
(3)2007年末におけるHCV抗体陽性率と性別・透析歴・主要な現疾患の関係(図表28)……30
(4)2007年末におけるHBs抗体陽性率と性別・年齢・透析歴・主な現疾患の関係(図表29)31

3 ) 腎性貧血治療の現状
(1)ヘモグロビン濃度の分布2005年度末と2006年度末と2007年度末(図表30) ……………32
(2)ヘモグロビン濃度の分布 年齢別 性別(図表31) …………………………………………33
(3)原疾患とヘモグロビン濃度の分布(図表32) ………………………………………………34
(4)ヘモグロビン濃度と鉄代謝(血清鉄濃度・トランスフェリン飽和度)(図表33) ………35
(5)ヘモグロビン濃度と鉄代謝(血清フェリチン濃度)(図表34) ……………………………36
(6)ヘモグロビン濃度と血清CRP濃度の分布(図表35)…………………………………………37
(7)血清CRP濃度と鉄代謝(図表36)………………………………………………………………38
(8)ヘモグロビン濃度と合併症の有無(図表37) ………………………………………………39

4 ) 大腿骨頸部骨折既往の現状
(1)大腿骨骨折の疫学(図表38) …………………………………………………………………40
(2)頸部骨折既往と栄養状態、透析歴(図表39) ………………………………………………41
(3)頸部骨折と血清補正Ca、リン、iPTH(性差別)(図表40)
…………………………………42
(4)頸部骨折と血清補正Ca、リン、iPTH(糖尿病有無別)(図表41) …………………………43

5 ) 新規透析導入患者の現状
(1)本年度導入調査対象の年末時点での治療携帯(図表42) …………………………………44
(2)透析導入時の臨床症状の有無(図表43) ……………………………………………………45
(3)透析導入時血清クレアチニン濃度(mg/dL)(図表44)………………………………………46
(4)透析導入時糸球対濾過値(eGFR mL/min/1.73m2)(図表45) ………………………………47

III.2007年末における解析結果

(1)2006年末透析液細菌汚染の程度と生命予後に関する解析 …………………………………51
(2)2007年末大腿骨頸部骨折の既往に関する因子に関する解析 ………………………………54
(3)2006年導入患者の生命予後に影響を与える因子に関する解析 ……………………………60

検ヅ計調査利用規程

会告日本透析医学会雑誌第36巻4 号巻頭会告より転載……………………………………………76



一括ダウンロード(pdfファイル 3.23M)



スライドでご利用頂くための一括ダウンロード(PPTファイル 4.79M)

バックナンバー「わが国の慢性透析療法の現況」
 ○「わが国の慢性透析療法の現況2006年12月31日現在」
 ○「わが国の慢性透析療法の現況2005年12月31日現在」
 ○「わが国の慢性透析療法の現況2004年12月31日現在」
 ○「わが国の慢性透析療法の現況2003年12月31日現在」
 ○「わが国の慢性透析療法の現況2002年12月31日現在」

日本透析医学会