一般社団法人 日本透析医学会 統計調査委員会

目  次

ご覧いただくためには、PDFファイルの閲覧用ソフトが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、左側のアイコンをクリックし、手順に従いダウンロードしてからご覧ください。
日本透析医学会統計調査委員会名簿 ………………………………………………………………… i
公刊にあたって………………………………………………………………………………………… ii
I.2008年末の慢性透析患者に関する基礎集計
1)わが国の慢性透析療法の要約
(1)わが国の慢性透析療法の要約(図表1)………………………………………………………… 2

2)患者数等
(1)慢性透析患者数の推移(図表2)………………………………………………………………… 3
(2)年別透析患者数、導入患者数、死亡患者数の推移(図表3)………………………………… 4
(3)年別人口100万対比の透析患者数の推移(図表4)………………………………………… 5
(4)人工腎臓台数の推移(図表5)…………………………………………………………………… 6
(5)慢性透析治療の形態(図表6)…………………………………………………………………… 7
(6)都道府県別慢性透析患者数(図表7)…………………………………………………………… 8
(7)透析期間別および性別による患者数(図表8)………………………………………………… 9

3)導入患者の現状
(1)導入患者の年齢と性別(図表9) ……………………………………………………………… 10
(2)導入患者の原疾患と平均年齢(図表10) ……………………………………………………… 11
(3)年別透析導入患者の主要原疾患の推移(図表11) …………………………………………… 12

4)年末患者の現状
(1)年末患者の年齢と性別(図表12) ……………………………………………………………… 13
(2)年末患者の原疾患と平均年齢(図表13) ……………………………………………………… 14
(3)年末患者の主要原疾患の割合推移(図表14) ………………………………………………… 15
(4)各年導入患者および各年末患者の平均年齢の推移(図表15) ……………………………… 16

5)死亡原因
(1)導入患者の死亡原因分類(図表16) …………………………………………………………… 17
(2)導入年死亡患者死亡原因の推移(図表17) …………………………………………………… 18
(3)2008年死亡患者の死亡原因分類(図表18) …………………………………………………… 19
(4)年別死亡原因の推移(図表19) ………………………………………………………………… 20

6)年間粗死亡率と生存率
(1)年別粗死亡率の推移(図表20) ………………………………………………………………… 21
(2)導入後1年・5年・10年・15年・20年・25年生存率の推移(図表21) ……………………… 22

II.新規調査項目に関する集計
1 ) 透析液水質管理状況
(1)透析液エンドトキシン検査(図表22) ……………………………………………………… 24
(2)透析液細菌検査 1)(図表23)………………………………………………………………… 25
(3)透析液細菌検査 2)(図表24)………………………………………………………………… 26
(4)エンドトキシン捕捉フィルタ(ETRF)装着状況(図表25) ……………………………… 27

2 ) 血液透析条件の現況
(1)透析条件の実態1(週透析回数・一回透析時間)(図表26)……………………………… 28
(2)透析条件の実態2(血流量・透析液流量)(図表27)……………………………………… 29
(3)透析条件の実態3(ダイアライザ膜面積・機能分類)(図表28)………………………… 30
(4)透析条件の実態4(ダイアライザ膜種類)(図表29)……………………………………… 31

3 ) 患者背景による透析条件
(1)透析患者の実態(年齢・透析歴・透析後体重の関係)(図表30) ……………………… 32
(2)患者年齢と透析条件1(透析時間、血流量、ダイアライザ膜面積)(図表31)………… 33
(3)患者年齢と透析条件2(ダイアライザ機能分類と膜種類)(図表32)…………………… 34
(4)患者透析歴と透析条件1(透析時間、血流量、ダイアライザ膜面積)(図表33)……… 35
(5)患者透析歴と透析条件2(ダイアライザ機能分類と膜種類)(図表34)………………… 36
(6)患者透析後体重と透析条件1(透析時間、血流量、ダイアライザ膜面積)(図表35)37
(7)患者透析後体重と透析条件2(ダイアライザ機能分類と膜種類)(図表36)…………… 38

4 ) 血液透析条件と各種データ
(1)透析条件とKt/V urea(図表37)……………………………………………………………… 39
(2)透析条件と透析前リン濃度(図表38) ……………………………………………………… 40
(3)透析条件と透析前β2マイクログロブリン(β2-MG)濃度(図表39)…………………… 41
(4)透析条件とβ2マイクログロブリン(β2-MG)除去率(図表40)………………………… 42
(5)透析条件と透析前アルブミン濃度(図表41) ……………………………………………… 43
(6)透析条件と標準化蛋白異化率(nPCR)(図表42) ………………………………………… 44
(7)透析条件と透析前CRP濃度(図表43)………………………………………………………… 45
(8)透析条件と透析前ヘモグロビン(Hb)濃度(図表44) …………………………………… 46

5 ) 新規調査項目
(1)透析前後のナトリウム濃度の変動(図表45) ……………………………………………… 47
(2)透析前後のカリウム濃度の変動(図表46) ………………………………………………… 48
(3)透析前後のHCO3−濃度の変動(図表47) …………………………………………………… 49

6 ) バスキュラーアクセスの現状
(1)バスキュラーアクセスの種類と透析歴(図表48) ………………………………………… 50
(2)バスキュラーアクセスの種類と血流量、Kt/V ……………………………………………… 51
III.新規解析結果
検ヅ計調査利用規程
会告 日本透析医学会雑誌第36巻 4 号巻頭会告より転載………………………………………… 106



一括ダウンロード(pdfファイル 4.89M)



スライドでご利用頂くための一括ダウンロード (PPTファイル 10.7M)


バックナンバー「わが国の慢性透析療法の現況」
 ○「わが国の慢性透析療法の現況2007年12月31日現在」
 ○「わが国の慢性透析療法の現況2006年12月31日現在」
 ○「わが国の慢性透析療法の現況2005年12月31日現在」
 ○「わが国の慢性透析療法の現況2004年12月31日現在」
 ○「わが国の慢性透析療法の現況2003年12月31日現在」
 ○「わが国の慢性透析療法の現況2002年12月31日現在」

日本透析医学会